レポート開催情報

2011/12/03 第24回ケータイ活用教育研究会(愛媛大学)

2011年12月3日(土)愛媛大学城北キャンパスにて、
第24回ケータイ活用教育研究会を開催しました。

話題1)愛媛大学の教育改善の現状と教育IRの方向性
    秦敬治(愛媛大学)
    
    ・教育の質保証における愛媛大学の教育IR
    ・教育IRとそのアセスメント事例
    ・教育IRの今後の方向性
    ・今後の課題

話題2)佐賀県武雄市に見た初等教育でのiPod活用
    ‐実践者コミュニテーの可能性を考察する-
    永谷研一(株式会社ネットマン)
    
    ・C-learning iPadの現状
    ・武雄市山内東小学校、武内小学校の事例
    ・初等教育のイノベーション
    ・実践者のコミュニティー

話題3)学習と教育
    家本修(大阪経済大学)

・学ぶこと
・教育って何に?
・辛いことが学習か?
・驚きほどの感動なら
・学習の科学性は効率だけか
・浅い尺度は何を見ているのか
・創造に再現性と法則性を見る
・脳神経科学との融合性
・大学教育に必要なもの
・双方の目的は一致するのか
・創造的生産性
・学習
・情報が実存となるとき
・次世代型3D・VRは情報か
・ディスプレイが無くなったとき
・情報のコピー

話題4)Electronic Assessment Systems for Teacher Education Accreditation
Thilla Sivakumaran(ルイジアナ大学モンロー校)

・Types of Electronic Assessment Systems
・Identify essential assessment system capabilities
・Identify stakeholders in the decision making process
・Identify cost of development and maintenance of the syste
・Identify lessons learned


話題5)連携認証技術によるeラーニングコンテンツの利活用と学習行動の記録
    佐々木隆志(愛媛大学)

・Federated Authentication
・Recording Learning Activities
・Creative Commons

話題6)教育の断絶を連携させるポートフォリオ構想
    坂井和男(明治大学)

開催情報

開催日時 2011年12月3日(土)14:00~18:00
会場 愛媛大学・城北キャンパス・交友会館2Fサロン
〒790-8577 松山市道後樋又10番13号
参加費 無料(情報交換会は実費)
内容

テーマ:大学改革プロセスの促進に欠かせないICT環境デザインとは

共催:次世代大学教育研究会,NPO法人人材育成マネジメント研究会,ICT利活用教育分科会

発表タイトル(仮):

・ネットマン・永谷研一:武雄市に見た初等教育でのipad活用:実践者コミュニテーの可能性を考察する

・大阪経済大学・家本修 未定

・明治大学・阪井和男 教育の断絶を連携させるポートフォリオ構想

・愛媛大学・秦敬治 愛媛大学の教育改善の現状と教育IRの方向性

・愛媛大学・佐々木隆志 連携認証技術によるeラーニングコンテンツの利活用と学習行動の記録

・ルイジアナ大学モンロー校・Thilla Sivakumaran Electronic Assessment Systems for Teacher Education Accreditation
http://www.ulm.edu/advancement/professor
ships/sivakumaran.html


情報交換会 セ・トリアン(愛媛大学内のイタリアン・レストラン) 午後6時30分より

参加費 4000円程度を予定

Powered by 知恵組(chiegumi.jp)