レポート開催情報

2011/11/12 第23回ケータイ活用教育研究会(青山学院大学)

2011年11月12日(土)青山学院大学青山キャンパスにて、第23回ケータイ活用教育研究会を開催いたしました。

共催:情報コミュニケーション学会・次世代大学教育研究会
後援:NPO法人 人材育成マネジメント研究会



話題1)一斉授業支援システムLectureAid2の開発(1)
-指導者と学習者の同期をとるための「なぅ」機能-
 山本恒(ICT活用教育研究所)

プレゼンなどの資料提示と学習システムをその都度切り替える煩雑さや、指導者の指示が必ずしも的確に伝わらず、学習者がメニューを選択する際に時間的なロスが出る。この状況を回避するために、学習者はボタンひとつで、今教員が掲示しているコンテンツの画面を出すことがきる「なぅ!」ボタンの発表をしていただきました。



話題2)管理栄養士国家試験対策演習システムのコンテンツ開発
―スマートフォンの活用を目指して―
 松永公廣(摂南大学)

隙間時間を利用して、国家試験対策をするe-learningの発表です。
スマートフォンであっても、画面に表示できる文字数はPCほどではないので、選択肢や解説などに工夫が必要になってくるとのお話でした。



話題3)スマートフォン普及期の到来と大学を取り巻く環境変化
 伊藤一成(青山学院大学社会情報学部)

青山学院大学社会情報学部でのiPhone一斉導入により、各教育機関にて、iPhoneやiPadの一斉導入が行われている状況のご説明と、モバイル端末や、無線LANの整備されている環境が、大学を評価する上で、新しい評価軸になってくるという内容の発表をしていただきました。



話題4)真正な評価のためのモバイル・テスティング・システム
 宮澤芳光(電気通信大学大学院情報システム学研究科)

モバイル・テスティング・システムの開発により、実存する物や特定の場所を利用した評価活動が可能なアイテム・バンクを設計したことと、活用事例を発表していただきました。



話題5)初等教育におけるモバイル端末の活用法
 清水 洋一(東京都公立小学校)

小学校で活用されている教育効果の高いと思われる実物投影機の期待と、活用事例を発表していただきました。

開催情報

開催日時 2011年11月12日(土)13:30~18:00
会場 青山学院大学青山キャンパス・ガウチャーホール4階15405教室
東京都渋谷区渋谷4-4-25
地図
参加費 無料(資料代500円 但し、主催、後援の会員は無料) 情報交換会参加費:5,000円(予定額.参加希望者のみ)
内容

テーマ:教育におけるモバイル端末の活用

共催:情報コミュニケーション学会・次世代大学教育研究会
後援:NPO法人 人材育成マネジメント研究会

日程:

13:00:
受付開始

13:30-14:10:
一斉授業支援システムLectureAid2の開発(1)
-指導者と学習者の同期をとるための「なぅ」機能-
 山本恒(ICT活用教育研究所)
 矢野川和子(日本アイビルソフト株式会社)

14:15-14:55:
管理栄養士国家試験対策演習システムのコンテンツ開発
―スマートフォンの活用を目指して―
 松永公廣(摂南大学)・深津智恵美(園田学園女子大学)
 橋本はる美(摂南大学)・佐野繭美(摂南大学)

休憩(14:55-15:10)

15:10-15:50:
スマートフォン普及期の到来と大学を取り巻く環境変化
 伊藤一成(青山学院大学社会情報学部)

15:55-16:35:
真正な評価のためのモバイル・テスティング・システム
 宮澤芳光(電気通信大学大学院情報システム学研究科)
 植野真臣(電気通信大学大学院情報システム学研究科)

休憩(16:35-16:50)

16:50-17:30:
初等教育におけるモバイル端末の活用法
 清水 洋一(東京都公立小学校)

17:35-18:00:
全体討論

18:00すぎ:
情報交換会

Powered by 知恵組(chiegumi.jp)